女の人

医療事務講座を受講して即戦力になる|スタートダッシュ成功

東洋医学に興味があるなら

勉強

鍼師と灸師

一般的にイメージする針よりも、ずっと細い鍼というものを使って治療するのが鍼師です。そして、もぐさを熱したものを痛みに対応した箇所に乗せて、熱を加えることによって治療をおこなうのが灸師です。日本ではこれら2つの専門職になるための資格は、同時に取得するのがスタンダードとなっています。そのような事情から、鍼師と灸師の2つをまとめてしまって、鍼灸師と呼ばれる場合が多いです。鍼灸師がおこなう施術は東洋医学の象徴ともいえるので、西洋医学以外の道を探してなら興味を持っている方もいるはずです。これらの施術をする場合には、医師免許か鍼灸師の資格が絶対に必要とされていますので、興味があるならば取得を目指してみましょう。

専門学校の入学は簡単です

鍼灸師という存在はまだまだ世の中に知られていないため、資格を取得するための学校への入学は比較的簡単にできるので人気になっています。もちろん、入学自体が簡単でも学ぶべき勉強はとても難しいので、鍼灸師に必ずなりたいという志を持っていなければいけません。まだまだ未開拓な分野ですが、そのぶんチャンスも多いので東洋医学に興味があるなら、鍼灸師は相応しい職業といえるでしょう。なお、学校を卒業しただけでは鍼灸師として認められることはありません。学校はあくまで知識を得るところであって、鍼灸師になるためには最終的に国家試験の合格が必要です。学校の入学試験よりも難しい場合がほとんどなので、在学中からきちんと対策をしておきましょう。